<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
猫の菜々子 Vol.3
 2010年12月31日(金)

  いよいよ今年もあと数時間。
  悲しい事件や不景気など、大変な1年でしたが、
  来年は「卯年」。
  少しはジャンプアップして、いい年になるといいなぁ・・・。

  猫の菜々子のお話の続き。
  11月29日(月) 入院
  11月30日(火) 手術、引き続き入院。
         手術当日の夜、電話で経過を獣医師より聞く。
         かなり難しい手術だったらしい。
  
  12月1日(水) 夜、引き取りに行く。思ったより元気そうで少しホッとする。
         手術痕からの出血や浸出液があるので入院を勧められるが、
         一刻も早く家に連れて帰ってやりたいので、帰宅。
         縫合は身体の3分の2に及ぶ。
         腫瘍が血管に癒着、内出血していて、手術が難しかった説明を受ける。
         悪性か、良性かは組織検査の結果次第とのこと。
         
  これより3日、私の寝室に隔離。夜は私の腕枕で寝る。やっぱり入院や手術で
  不安だし、傷口が痛むのか、甘えて私から離れない。
b0136748_1547090.jpg

  食欲が旺盛で、一安心。腫瘍はもしかしたら良性かも。

  12月5日(日) 足取りもしっかりしてきたので、エリザベスカラーをはずし、
         寝室から出してあげる。
         この数日間、菜々子は部屋を出たいと鳴き、
         幸太と美優は入れてくれと鳴き、大変でした。
         術後の検診へ。寒くなったせいか、動物病院の待合室は、
         ワンコだけでなく、ニャンコも多く、2時間待ち。

  12月12日(日) 抜糸と組織検査の結果を聞きに動物病院へ。
          結果は当初の予想より悪い病名。
          「血管肉腫」 
          すなわち「悪性」ということ。        
          猫には非常に症例が少なく、文献も少ないとのこと。
          術後の経過も良かったので、ショックで、慰めてくださる獣医さんに
          「大丈夫です。乳腺腫瘍と言われてから、覚悟してましたから・・・。」
          と言いながら、涙をこらえるのが精いっぱい。
          抗がん剤や放射線療法などの積極的治療をするかなどの説明。
          「いいです。病院に来ること自体が菜々子にとってすごいストレス
          なので・・・。」と言いながら、早く菜々子と家に帰りたかった。
          その上、再発は4週間ぐらいとのこと。
          お正月が越せるのだろうか・・・。
          先生のワンコもこの病気で、8か月ぐらいで亡くなったとのこと。

  帰宅後、「血管肉腫」を調べるが、先生の話していた通り、猫の症例は無かった。
b0136748_16221032.jpg

  手術から1か月が経ちました。今のところ、元気な菜々子。
  「奇跡」を信じたいです。

  暗い話になりましたが・・・
  皆様、良いお年をお迎えください。
[PR]
by ohnari-dc | 2010-12-31 16:42
猫の菜々子 Vol.2
 2010年12月13日(月)

  ルミナリエがやっと終わりました。
  いよいよ今年もあと少しです。

  猫の菜々子の手術が決まって、
  猫の「乳腺腫瘍」がほとんど悪性と知って、
  手術日までの10日間。
  長くて、短い日々でした。
  目の前の菜々子はいたって元気で、
  信じられない気持ちでいっぱいでした。

  入院の前日の日曜日の午後。
  仲の悪い菜々子と美優。
  こんなに至近距離でくつろぐことは、長年ありませんでした。
  2匹とも、何か察するものがあったのでしょうか。
b0136748_22285066.jpg


  そう言えば、この2~3か月、やたら菜々子が甘えていたような気がします。
  気のせいかな・・・。

  入院前の週末は、
  大好きなケンタッキーフライドチキンと、アイスクリームを。
  嬉しそうに食べる菜々子。
  こんなに元気なのに・・・。
  やっぱり信じられません。  
[PR]
by ohnari-dc | 2010-12-13 22:40
猫の菜々子 Vol.1
2010年12月12日(日)

  久しぶりのブログです。
  1か月も書かなかった、いや書けなかった理由・・・
  猫の菜々子の病気です。

  11月中旬、菜々子のお腹に小さな卵ほどのしこりを発見。
  触っても嫌がらず、食欲や体調も特に変化がないので、
  下腹部にあるので、以前私が手術したような子宮筋腫のような腫瘍かなと
  急いで動物病院へ。

  血液検査はあまり異常も無く、レントゲン検査でも限局した部位の腫瘍の様子。
  「乳腺腫瘍じゃないかな。」  
  猫では、比較的多い腫瘍とのこと。
  外科による摘出手術を行った方が良く、
  穿刺による病理検査(良性か悪性か)をするよりは、
  摘出手術を行って、それを病理検査した方が良いなど説明を受け、
  手術の予約を取って帰宅。
  「菜々ちゃん、手術がんばろうね。」
  
  ところが、家で、「乳腺腫瘍」をインターネット検索して、
  目の前が真っ暗に・・・。
  猫では、8~9割が悪性。  
  手術しても、余命は短く、
  また、手術しないと、破裂したりするので、
  まずは手術による摘出をとのこと。

  そんなに悪性が多いなんて、説明なかった・・・。
  母に話すと、「去年、マリーを亡くして、落ち込んでいる貴女を先生心配してたから、
  話せなかったんじゃない・・・。」と。

  マリーが亡くなって1年半。
  まだその悲しみも癒えてないのに・・・。
 
  乳腺腫瘍になった猫ちゃんたちの闘病日記などを読んでは、
  涙する日々の始まりでした。
b0136748_19451923.jpg

  
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2010-12-12 19:51



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧