<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
クルム伊達公子、スゴイ!
 2010年9月29日(水)

  いや~、ホント涼しくなりました。
  寒暖差が激しいので、風邪を召している方も多いようで、
  皆様、お気を付けください。
  かくいう私は、かれこれ7~8年は、風邪を引いておりません!
  一に「睡眠」、二に「加湿」、三四がなくて、五に「うがい・手洗い」、
  といったところでしょうか。
  記録更新していきたいと思います。

  ところで、
  スポーツにあまり興味のない私ですが、
  若い頃、ほんのちょっぴりテニスをかじっていたので、
  今でも、たまにウィンブルドンや全米オープンなどは観ます。
  というわけで、
  クルム伊達公子さんは、スゴイです!
b0136748_1434167.jpg

  だって40歳なんですよ!
  ある意味イチローよりスゴイです。
  マリア・シャラポアと並んだ時、その体格の差にびっくりして、
  またまた改めてそのスゴさを感じ、
  感動しました。

  一度、現役を引退したのが、功を奏したのかも。
  以前よりプレッシャーがなく、のびのびと、楽しくテニスしている感じがします。
  とは言っても、復帰までのブランクを埋めるのも大変だし、
  年齢も年齢だし・・・。
  本当にスゴイです。
  怪我に注意して、頑張ってください!

  自分がテニスをしていた頃と言えば、
  ビョルン・ボルグ、ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、
  イワン・レンドルあたりでしょうか。
  ボリス・ベッカーあたりから、テニスもあまり観なくなっていったような・・・。
  中でも、暴言を吐く『悪童マッケンロー』がなぜか好きでした。

  まぁ、テニスを始めた時は、ウッド・ラケットで、
  カーボン、グラスファイバーとか出た時には、
  なんて軽くて、打ちやすいと思ったことか・・・。
  しかし、もともとウンチくん(運動オンチ)なので、
  ラケットが変わったからといって、テニスが上達したわけではありませんが・・・。

  女子は、クリス・エバート、マルチナ・ナブラチロワ、シュテフィ・グラフあたり。
  とにかく、ナブラチロワがいかつくて、スゴかったですが、
  現在活躍中のセリーナ・ウィリアムズなどを見ると、
  もっと怖いです。
  つい、美しいロシア勢などを応援してしまいます。

  2011年1月17日~30日に、
  全豪オープンがメルボルンで開催されます。
  久しぶりに観てみましょうか。
[PR]
by ohnari-dc | 2010-09-29 18:04
山下達郎コンサート
 2010年9月26日(日)

  診療所のパソコンが先々週1週間ダウン。
  皆様にはご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。
  
  そして、自宅のパソコンもずいぶん前に故障し、
  今日やっと新しいパソコンが届き、設置してもらい、
  このブログに至っています。

  先週、1年半ぶりの山下達郎のコンサート、行ってまいりました。
  昨年3月以来。
  その前は、約6年に1回のペースだったので、
  ちょっとビックリです。
  『RIDE ON TIME』以来、約30年ファンです。
b0136748_1571690.jpg

  いつも通りの3時間ライブ。
  この年齢で、スゴイです。

  前回は、大阪フェスティバルホールでの大阪公演があったせいか、
  神戸国際会館 4列目の真ん中でしたが、
  今回は、ライブ中達郎も話していたように、
  大阪公演がないので、
  大阪の方がたくさん流れてきているせいか、
  神戸国際会館 7列目のちょっと左寄り。
  スピーカーが近くて、少々頭が痛かったです。

  デビュー35周年ということもあって、
  シュガーベイブ時代から最新曲まで幅広く選曲、ということでしたが、
  シュガーベイブ時代の曲と、最近の曲が結構多くて、
  80~90年代にどっぷり達郎に浸かっていた私には、
  少々物足りない感が残りました。
  一緒に行った友人は、シュガーベイブ時代から聴いているようで、
  満足げでしたが・・・。

  少し前の達郎のファンクラブ会報で、
  「これまでライブで演奏されていない曲で、演奏して欲しい曲は?」
  というアンケートがあり、
  第1位に060.gif『潮騒』が、
  そして、第2位に私の大好きな060.gif『いつか』が!
  「こんなアンケートするくらいだから、今度のコンサートで演奏してくれるといいな。」
  と思っていたところ、
  「FCでのアンケートで第1位の曲をやります!」と、『潮騒』を演奏。
  「やっぱりやっても、第1位の曲だけだよね・・・。」と思っていると、
  その後、何曲か後に、『いつか』をやってくれました!
  私は2日間の公演のうち、1日目に行ったのですが、
  他の人のブログを読むと、
  2日目は『いつか』が『DOWN TOWN』だったようで、
  ラッキーでした。

  落ち込んだ時、いつもこの曲を聴いて、励まされるので、
  ライブで初めて聴けて、すごく嬉しかったです。
  達郎、ありがとう。

  いつか
  作詞:吉田美奈子 作曲:山下達郎

  時々人の心の中が
  信じられない出来事がある
  みんな 自分だけ逃げてしまおうと
  愛を傷つけて通り抜ける

  SOMEDAY 一人じゃなくなり
  SOMEDAY 何かが見つかる

  寂しげに夜の街一人きり歩けば
  本当の悲しみを知っている人に会う

  二度と会えない素直な愛に
  さよならする人など居ない
  だからいつまでも顔を曇らせ
  つらい日を送る事はない
  
  SOMEDAY 一人じゃなくなり
  SOMEDAY 何かが見つかる

  めまいするほど速い毎日の時の波
  押し寄せて流される冷たそうな人の海
  
  だけどいつまでも顔を曇らせ
  つらい日を送る事はない
  
  SOMEDAY 一人じゃなくなり
  SOMEDAY 何かが見つかる

  (愛を傷つけて通り抜ける)
[PR]
by ohnari-dc | 2010-09-26 15:51
ガンバレ!高齢のワンコ
 2010年9月8日(水)

  私の住むマンションには、
  犬を飼っている方がたくさんおられます。
  朝や夜、犬の散歩に出掛ける方々をよく見かけます。
  種類もいろいろで、
  ソフトバンクのお父さんそっくりの犬、プードル、チワワ、ダックスフンド、
  柴犬、フレンチブルドッグ、コーギー、ラブラドール、
  名前は分からないけど貴族が飼ってそうな高そ~うな犬、などなど・・・。
  動物好きの私は、その姿を見るだけで、
  心癒されます。
  ねこは散歩に行かないので、
  見かけることがないのが残念ですが・・・。

  そんな中、だいぶ高齢なのでしょう。
  朝、よたよたとゆっくり歩いて散歩する白いワンちゃんがいました。
  ちょっと話題の「わさお」に似ています。
  (顔は全然ブサイクじゃありません。犬種が似ています。)
b0136748_17463350.jpg

  足取りが頼りないので、飼い主さんが、補助するような布を付けていました。
  でも、ワンちゃんは、やっぱりお外に行きたいのでしょうね。
  ゆっくり、ゆっくりお散歩する姿を見ては、
  「優しい飼い主さんで良かったね。」、と思っていました。
  しかし、ある日から全く見かけなくなり、
  どうしたんだろう、と心配していました。

  今朝、久しぶりに会えました。
  ところが、ガリガリに痩せて、ほとんど歩けないようで、
  袋のようにして作った布で、ほとんど吊られたような状態。
  それでもなんとか自分の足で歩こうとするのです。
  胸が締め付けられるようで、
  朝から涙・・・です。
  去年、寝たきりになって、亡くなったねこのマリーも思い出してしまい・・・。
  マリーも手足がマヒして動けないのに、
  何とか自分の手足で立って、トイレしようとしていました。
  その姿に、何度涙したか・・・。
  未だに、思い出すたび、涙してしまう弱いママで、ゴメンね、マリー。

  とにかく、私は何もできませんが、陰ながら応援してます。
  がんばってね!ワンちゃん!
  
[PR]
by ohnari-dc | 2010-09-08 19:04
ジェーン・オースティン
 2010年9月6日(月)

  9月に入っても連日猛暑が続いておりますが、
  皆さんお身体大丈夫ですか。
  私は少々、バテ気味です。
  
  でも、朝夕は多少涼しくなった気がします。
  そして、通勤路のあれだけうるさかったセミの鳴き声もパッタリ聞かなくなり、
  ゆっくりではありますが、少しずつ秋に近付いているのでしょうか。

  ちまたは、民主党の代表選でもちきりですが、
  私に選挙権があるわけでもなく、
  静観しておこうと思っております。

  ところで・・・
  私の心の浄化のひとつは「映画」
  なかでもジェーン・オースティンの作品は、
  私の憧れの世界へと誘ってくれます。

  ジェーン・オースティン作品の映画ではなく、
  ジェーン・オースティン自身の伝記的映画、
  「ジェーン・オースティン 秘められた恋」
  良かったです053.gif
b0136748_14192067.jpg


  2003年、伝記作家のジョン・スペンスは、
  「一生独身を貫いたジェーン・オースティンが、激しい恋を経験していた。」
  、とスペンスの伝記「Becomig Jane Austen」で発表して、
  世界中のジェーン・オースティン・ファンを驚かせました。
  映画はこの伝記を元に製作されています。

  ジェーン役には、近年、演技派女優のアン・ハサウェイ
  彼女自身も高校時代からジェーン・オースティン文学のファンだそうで、
  イギリス訛りや当時の礼儀・作法、ピアノ、ダンスなどのリサーチを徹底して行い、
  オーディションに臨んだそうです。
  
  「お堅い中年独身女性」のイメージの強いジェーン・オースティンですが、
  アン・ハサウェイの演じる、
  自立心の強い、知的で、活発な女性像の方が、
  ピッタリな気が私はします。

  撮影もアイルランドのウィクロウ、ダブリン、ミースで行われ、
  大好きな美しい田園風景が広がり、
  衣装も、建物も、オールド・イングランドを堪能できます。
b0136748_14272715.jpg


  これを観た後、ジェーン・オースティン作品の映画を
  連日観ているのは言うまでもありません。
  (何回観てることやら・・・)

  個人的には、「Emma エマ」のナイトリーが大好きです。
  キャラ的には、グウィネス・パルトロー主演の映画「Emma エマ」の
  ナイトリー(ジェレミー・ノーサム)の方が、
  ケイト・ベッキンセイル主演のTV映画「ジェーン・オースティンのエマ」の
  ナイトリー(マーク・ストロング)より好きです。
  どうでもいいことですが・・・。
 
  でも、作品によりキャラの描き方が、微妙に違うんですよねぇ・・・。

  お勧めは・・・
  ①映画「いつか晴れた日に」(1995) 原作「分別と多感」
  ~アン・リー監督、エマ・トンプソンがアカデミー脚色賞受賞~

  ②BBC TV「高慢と偏見」(1995) 原作「高慢と偏見」
  ~コリン・ファース主演、この役柄を映画「ブリジット・ジョーンズの日記」に拝借~

  ③映画「Emma エマ」(1996) 原作「エマ」
  ~グウィネス・パルトロー主演、彼女米国人なのにイギリス映画によくハマッてますよねぇ~

  まずは、作品をご覧あれ!
[PR]
by ohnari-dc | 2010-09-06 16:03



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧