<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ラフマニノフにハマる Vol.4
 2009年12月14日(月)

  土曜日、約10年ぶりに、ルミナリエ見てきました。
  21時ぐらい過ぎたら、空いてるだろうと思っていたら、
  いやいや、大変な人でございました。
  当分いいです。(人ごみが苦手なもので・・・)
  今日が最終日です。
  今日は平日で空いてるかも・・・
b0136748_15265911.jpg


  映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」のつづき・・・
  
  監督バーヴェル・ルンギンは、ラフマニノフ役は彼しかいないと思って、抜擢したのが、
  エヴゲニー・ツィガノフ
  ラフマニノフの写真を見ると、似てます。
  吸い込まれるようなブルーの瞳。
  大変、わたくし好みのお顔立ちです。
b0136748_1531437.jpgb0136748_15322116.jpg

  あれ、誰かにも似てる・・・

b0136748_15334843.jpg
b0136748_1534111.jpg


  やっぱり好みの顔というのは、繋がるなぁ・・・
  最後、落ち着くのは、やっぱり、ダニエル・クレイグ053.gif
[PR]
by ohnari-dc | 2009-12-14 15:42
ラフマニノフにハマる Vol.3
 2009年12月11日(金)

  冬だというのにこのところ雨057.gifが多い気がします。
  明日は、友人が娘さんを連れて、ルミナリエを見に来ます。
  今晩は、せっせと大掃除ですな。
  ネコで荒れた家をキレイにせねば!

  ラフマニノフのつづき・・・
  私はクラシックのことはよく分からないので、
  ミーハーな選曲ではありますが、
  大好きな曲をご紹介。

  1.ピアノ協奏曲第2番:第1楽章     
     言わずと知れた、ラフマニノフの代表曲。
     映画「逢びき」(1945)をはじめ、たくさんの映画や映像のバックに
     頻繁に用いられています。

  2.交響曲第2番:第3楽章     
     創作全盛期に書かれた、約1時間近い大作。
     こちらもたくさんの映像などのバックに用いられています。

  3.パガニーニの主題による狂詩曲:第18変奏
     アメリカ移住後に作られた数少ない作品のひとつ。
     映画「ラフマニノフ ある愛の調べ」でもラストを飾っています。
     映画「ある日どこかで」(1980)でも用いられています。

  4.4つの小品:メロディ
     15歳頃に書かれたもの。スゴイ!

  5.ヴォカリーズ
     様々なアレンジで親しまれていますが、
     チェロ版が私は好きです。

  6.前奏曲 作品23の5

  7.ピアノ協奏曲第3番:第3楽章
     映画「シャイン」で、より有名に。
     最近は、第2番を上回るほどの人気とか。
     ピアノの難技巧でも有名。

  060.gifお薦めCD
b0136748_1663185.jpg

  ピアノ協奏曲第1番から第4番を
  ヴラディーミル・アシュケナージの独奏、
  アンドレ・プレヴィン&ロンドン交響楽団共演の
  歴史的名盤です。
[PR]
by ohnari-dc | 2009-12-11 19:33
ラフマニノフにハマる Vol.2
 2009年12月10日(木)

  映画『ラフマニノフ ある愛の調べ』のお話のつづき・・・

  1873年、ロシアの軽騎兵隊上級将校の息子として生まれたセルゲイ・ラフマニノフ。
  幼少からピアノを始め、ペテルブルグ音楽院とモスクワ音楽院で学びました。
  1892年にモスクワ音楽院の卒業作品として作曲した歌劇≪アレコ≫が、
  チャイコフスキーから絶賛され、
  順調に見えた作曲生活ですが、
  1897年初演の交響曲第1番が酷評を受け、
  ノイローゼ状態に陥ってしまいます。
  この交響曲第1番は、当時、思いを寄せていた年上の女性アンナに捧げた曲でしたが、
  もちろんこの女性もラフマニノフから離れていきます。

  そんな彼を救ったのは、幼馴染で従姉妹のナターシャでした。
  彼女は高名な精神科医ダール博士と婚約中でしたが、
  博士に頼み込み、催眠療法を行います。
  治療は成功。
  1901年、ピアノ協奏曲第2番で作曲家としての地位を不動のものにします。

  マルクス主義を信奉し、共産主義革命を夢見る女性マリアンナに出会いますが、
  苦しい時に見守り、支えてくれたナターシャの愛に気付き、プロポーズします。

  1916年までチェロ・ソナタ、交響曲第2番、ピアノ協奏曲第3番など、
  次々と代表作を生み出します。

  しかし、1917年ロシア革命
  アメリカに亡命したラフマニノフは、
  カーネギーホールでの初コンサートをかわきりに、
  200日、100年の全米ツアーを行います。
  (これらの企画は、ピアノメーカー、スタンウェイ社。)
  もちろん、行く先々で大歓迎を受けますが、
  そんなハードな演奏生活に疲れ切ってしまいます。
b0136748_2021613.jpg


  今なお断ち切れない祖国への望郷の念。
  そして、新しい旋律が浮かんでこない苦悩。

  妻ナターシャや子供たちにまで辛く当たってしまいます。

  亡命して10年。
  大好きなライラックの花を、花屋で見つけます。
  「珍しい花なんですよ。ある御婦人がもう何年も前から注文されていて、
   オランダからわざわざ取り寄せているんです。
   今日はまだ取りにこられてないみたい・・・。」
  「その人の名は?」
  「ミセス ナターシャ」

  ナターシャの愛に再び気付くラフマニノフでした。
  
  
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2009-12-10 20:03
ラフマニノフにハマる Vol.1
 2009年12月9日(水)

  今年もいよいよあと少しとなりました。

  うちのクリニックが入っているビルは、
  例年どおりルミナリエの人の列に囲われて、
  患者の皆様に大変ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

  ところで話しは変わって・・・
  クラシックで好きな作曲家はと聞かれたら、
  私は、ショパン・リスト・ラフマニノフです。

  音楽家の生涯を描いた映画はたくさんありますが、
  一番有名なのは、モーツァルトを描いた「アマデウス」でしょうか。
  ベートーヴェンもよくドラマ化されていますが・・・。

  『ラフマニノフ ある愛の調べ』(2007年・ロシア)  
b0136748_18543466.jpg


  この作品を観るまで、ラフマニノフの生涯がどういうものだったか、
  全然知りませんでした。
  どんな状況の時代に生きたのか、どんな女性たちとの恋愛があったのか、
  たくさんの名曲がどのようにして生まれたのか・・・。

  1917年のロシア革命
  アメリカに亡命したラフマニノフ。
  ニューヨークのカーネギーホールでの初コンサートで
  ラフマニノフ自身が演奏する、私の大好きなピアノ協奏曲第2番
  映画は始まります。

  史実に忠実に描くというよりは、
  全編ラフマニノフの音楽060.gifにのせて、
  彼が大好きだったライラックの花を象徴として、
  芸術的観点からさまざまな脚色が施されています。

  この作品を観た後は、ラフマニノフ漬けの毎日です。
  とにかくロマンティックで抒情的な彼の音楽は、
  心に深く染み込んで、癒してくれます。

  つづく・・・
  
[PR]
by ohnari-dc | 2009-12-09 19:38



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧