<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
めでたい、めでたい
 2009年2月27日(金)

  冬なのに梅雨のように雨の毎日057.gif
  花粉症の私としてはいいような、悪いような。
  雨の次の日は、結局より多くの花粉が飛ぶわけで・・・。
  花粉症との付き合いも、かれこれ13年。
  当時は、認知度も低く、いい薬やグッズもなく、今と比べてとにかく辛い毎日でした。
  アレルギー検査などすると、「重症」らしく、
  レーザー治療なども受けて、
  やっとここ4年ぐらいは普通に生活ができるようになって、
  健康に感謝、感謝です。
  あとは「猫アレルギー」にならないことを、祈るばかりです。

  ところで、昨年からうちの診療所はおめでた続きです。
  昨年は2人の歯科衛生士が、結婚し、
  今年は1人の歯科衛生士に女児が誕生し、
  まもなく以前勤務していた歯科医師が出産予定。
  その上、以前勤務していたもう一人の歯科医師が春に結婚するそうで・・・。
  結婚・出産ラッシュです。001.gif
b0136748_11412231.jpg

  そんなDrふたりと久しぶりに食事してきました。
  みんなが、妻になり、母になり、という姿が見れて、
  嬉しい限りです。
  私も年を取るわけです。(苦笑)
  ただ、なかなか新しい苗字が覚えれなくて、つい慣れた旧姓で呼んでしまって・・・。
  みんな慣れるまで時間ください。
[PR]
by ohnari-dc | 2009-02-27 14:41
やったねケイト!アカデミー賞
 2009年2月24日(火)

  昨日は、楽しみにしていたアカデミー賞授賞式でした。
  深夜まで、生放送を録画していたのを楽しみました。

  とにもかくにも大好きなケイト・ウィンスレット主演女優賞を受賞したのが、
  嬉しくて嬉しくて・・・。
  スピーチでは、私まで涙がポロリ。
  やったねケイト!
  以前このブログでも書いたように、彼女はオスカーが獲れないことを
  イギリスのブラック・コメディ番組で嘆いていました。(内容はかなりどぎついですが)
  多分本当に悩んでいたんでしょうね。
  でもこの年齢で6回もノミネートされていることこそ、スゴイんですけどね。
  メリル・ストリープを超えれるのは彼女だけかも。
  スピーチでは、メリル・ストリープと一緒にノミネートされて、
  自分が受賞してびっくりしていると話していましたが、
  20年後ぐらいには、ケイトがそう言われる立場にいるかも。
  とにかく良かった、良かった001.gif
b0136748_10552155.jpg

  そして衣装も素敵でした。
  グレース・ケリーを思わせるような髪型に、イヴ・サンローランのドレス。
  知的で、品があって、美しい(@_@;)

  衣装と言えば、アン・ハサウェイのマーメイドのようなドレス。
  すごく素敵でした。
  それに彼女は歌も結構うまいことが判明。
  司会のヒュー・ジャックマンと少しミュージカル風に歌って踊ったのです。
  プレゼンテーターのシャーリー・マクレーン
  「歌も歌えるのね。続けなさい。」と言ってました。
  「プリティ・プリンセス」(2001)で映画デビューして、もうオスカーにノミネート。
  とにかく可愛い彼女ですが、演技もどんどん成長しています。
b0136748_115333.gif


  今回の受賞式で、私が良かったなぁと感じたのは、
  主演・助演賞で、過去の受賞者5人がプレゼンテーターとなって
  ノミーネートされた俳優一人一人を紹介し、称えるという企画。
  受賞者がとにかく重鎮揃いで、紹介される俳優たちも、
  その言葉ですでに涙ぐむ人もたくさんいました。
  俳優同士だからこそなのではないでしょうか。
  来年もやってもらいたい企画です。

  ヒュー・ジャックマンの司会はそつなくという感じでした。
  もちろん歌って、踊って、司会して大変だったと思いますが・・・。
  ちょっと毒舌吐いてくれる方が面白いのですが、
  まぁそれは二枚目の彼に求めるのはムリですよね。
  司会がコメディアンの場合は、生放送を観てください。
  後日のNHKの放送だと、毒舌はカットされるんですよね。
  でも、ビヨンセは出てくるは、クイーン・ラティファが歌うは、
  素晴らしいショーでした。
  
  最後に、嬉しかったのは、
  愛しのダニエル・クレイグがプレゼンテーターを務めたこと。
  ちょっと緊張していたのか、
  パートナー役のサラ・ジェシカ・パーカーに押され気味のようでしたが・・・。
  アクションシーンの紹介では、今度の007の映画のシーンたくさん出てきたし、
  私は満足です。
  とにかくダニエルのタキシード姿は最高です053.gif
b0136748_11275552.jpg


  日本映画「おくりびと」「つみきのいえ」がW受賞したし、
  楽しい授賞式でした。
  今晩ももう一回観ようっと。
  
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2009-02-24 11:45
がんばれ!マリー
 2009年2月16日(月)

  先月中頃からマリーのおしっこが異様に黄色くなり、
  食欲も落ち、嘔吐もたびたびあり、あまり動かなくなりました。
  急いでかかりつけの動物病院へ。
  結果は「黄疸」

  体温測定、採血、レントゲン撮影、お腹の毛を剃ってエコー撮影・・・。
  マリーはかなりしんどいのに、全身で抵抗して、泣き叫んで、
  オシッコもお漏らしてしまいました・・・。
  仕方ないとはいえ、可哀想で、見てられませんでした。
b0136748_12105910.jpg

  
  熱も39.8度とかなりの高熱。
  血液検査ではビリルビンの量が異常、でも肝機能に関する数値は正常。
  胆管肝炎かもと説明を受け、
  この日から朝・晩お薬を飲ませ始めました。

  先週は40度を超す高熱で、マリーはぐったり。
  2回目の病院からは、前にいろいろされているのを思い出してか
  「ウーウー」と威嚇しながらも、プルプル震えています。

  それでも先週末には少し熱が下がって、食欲も出てきて元気になってきました。
  ちょっとホッとしたのも束の間。
  先週土曜日に病院で体温測定すると、また39.8度。
  そして、血液検査の結果、最悪の診断。
  「猫伝染性腹膜炎(FIP)」
  治療方法がなく、ほぼ死亡に至る病気です。
  わが家では、以前もこの病気で1匹子猫が亡くなっています。

  土曜、日曜、何度体温測定してもやっぱり39.4~39.8度のお熱があり、
  しんどそうです。

  マリーがこんななのに、コンババ(根性ババ色)の菜々子はわざと近くに来て
  猫パンチを食らわします。
  日ごろからマリーのことをよく思っていない美優もわざとクンクンしたりします。
  なんて残酷・・・。

  幸太は悪気なく、「遊ぼう!」と来るので、
  何度か私が叱ると、多少は察したのか、
  マリーをペロペロして、そばに寄り添っていました。
b0136748_12224675.jpg

b0136748_1224954.jpg


  動物病院の先生は、以前診た子で珍しく助かったことがあったと話してくださいました。
  マリー、お薬と注射は辛いけれど、がんばろうね。
  
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2009-02-16 12:29
第81回アカデミー賞
 2009年2月12日(木)

  もうすぐアカデミー賞受賞式です。
  2月23日(日本時間)。あと10日。
  少し前にゴールデン・グローブ賞がありましたが、
  ノミネートは似ているものの、受賞は微妙に違うこの2つ。 

  いつもWOWWOWが生放送するのを観て、
  後日NHKの放送を観るのですが、
  きわどい言葉やブラックジョークなどはNHKはカットしてしまうので、
  WOWWOWを観るに限ります。
  レッドカーペットのスターも観れますしね。

  作品賞
  「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」b0136748_14151239.jpg
80歳の肉体で生まれ、一人逆行して若返っていくという奇跡の人生を歩んだ男の物語。13部門最多ノミネート。監督デヴィッド・フィチャーといい、ケイト・ブランシェットといい、ブラピはよく同じメンバーと仕事しています。




  「フロスト×ニクソン」
b0136748_14191881.jpgウォーターゲート事件によって大統領辞任に追い込まれて以来、沈黙を守り続けたリチャード・ニクソンにインタビューを挑むTV司会者、デビッド・フロスト。米TV番組史上最高視聴者数を記録した熾烈なトークバトルを描く。



  「ミルク」
b0136748_14525247.jpg1970年代に同性愛者の権利を獲得するために命を捧げた政治活動家、ハーヴェイ・ミルクの半生を描いた作品。オスカー俳優、ショーン・ペンがミルクを演じる。


  「愛を読むひと」
b0136748_14553531.jpg1958年のドイツ、21歳年上のハンナに思いを寄せる少年、マイケル。数年後、彼女と再会したのは法廷の中。彼女は戦時中の罪に問われ、ある秘密を隠し通したため、無期懲役の判決を受けるのだった・・・。


  「スラムドッグ$ミリオネア」
b0136748_14585920.jpgインドのスラム街で育った孤児のジャミールは、世界的な人気番組「クイズ$ミリオネア」で、あと一問で全問正解という状況にいた。彼は何故答えを知っていたのか・・・?今年の賞レースに旋風を巻き起こした注目作。9部門10ノミネート

  今回は、作品賞と監督賞が全く一緒。
  ちまたの予想では、「ベンジャミン・バトン」と「スラムドッグ$ミリオネア」の対決みたい。
  後者はゴールデン・グローブ賞で最多4部門受賞していますが、
  アカデミーではどうでしょうか。
  方や1億5000万ドル、6年をかけた、CGを駆使したハリウッド超大作、
  方や1500万ドル、5か月で製作したインディーズ映画。
  そろそろブラピにも賞をあげたいところですが・・・。

  あと気になるのは主演女優賞。
  アカデミーに15回ノミネート(俳優では最多記録)、主演・助演とも受賞歴のある
  言わずと知れたメリル・ストリープ
  33歳現在、アカデミーに6回ノミネート(最年少記録)の
  ケイト・ウィンスレット
  ケイトはゴールデン・グローブ賞で主演・助演でW受賞していますが、
  彼女、イギリスのブラック・コメディ番組でアカデミー賞が取れないことを
  嘆いていました。
  ケイトのファンとしては、そろそろ獲って欲しいものです。

  そして、今回の司会は、ピープル誌の2008年度最もセクシーな男性に選ばれた
  ヒュー・ジャックマン
  映画「オーストラリア」でもセクシーな肉体を披露し、
  ニコール・キッドマンと共演しています。
  この人、本当に何でもできる人。
  トニー賞も受賞しているし、トニー賞の司会もしてたし・・・。
  楽しみです。
  また、映画「ドリームガールズ」の監督とプロデューサーの
  ビル・コンドンとローレンス・マークがアカデミー賞授賞式をプロデュース!
  本当に楽しみ!待ち遠しいです。
  日本映画「おくりびと」も頑張れ!  
[PR]
by ohnari-dc | 2009-02-12 15:45
映画「アンカーウーマン」
 2009年2月6日(金)

  以前、映画「アンカーウーマン」(1996)は
  私の好きな映画ベスト10に入ると書きました。
  一般的には、映画「プリティウーマン」(1990)に憧れる女性が多いようです。
  私は、バリバリのキャリアウーマンに昔から憧れているので、
  やっぱり知性と美貌を併せ持つアンカーウーマンに男性に支えられながら
  努力してなっていく姿に共感してしまいます。

  83年に若くして事故死した実在した女性アンカー、ジェシカ・サヴィッチと
  その恋人のロン・カーショーをモデルにした、
  アランナ・ナッシュ著のノン・フィクション「アンカーウーマン」が原作。

  原題「Up Close&Personal」は、
  「もっとアップに、身近に迫れ」とか「最後を締める人」とかいう意味だそうです。
b0136748_10395693.jpg


  アンカーはニュースキャスターとほぼ同じ役割。
  現場で取材されたニュースが、記者、編集者、技術者などを介してリレーのように
  受け渡され、最後に番組の出演者(アンカー)から視聴者に伝えられる様から、
  そう呼ばれるらしい。
 
  日本の「アンカーウーマン」と言えば、
  田丸美寿々さん、安藤優子さん、小宮悦子さん、小谷真生子さんたち。
  でも私が印象深いのは櫻井よしこさん国谷裕子さん
  
  まず、櫻井よしこさん
  とにかくあらゆる分野のことを勉強されているのと、
  自分の信念にぶれがないということが、スゴイ。
  彼女の考え方にすべて賛同できるかは別として、
  知識もあまりないのに、自分の意見ばかりを視聴者に押し付けるキャスターが
  多すぎると思う。
  そんな中、彼女は議論する時もとにかく冷静だし、
  視聴者に分かりやすいように丁寧に話をする姿も素晴らしい。

  そして、国谷裕子さん
  もちろん櫻井さん同様、政治・経済・国際問題など様々分野を、
  分かりやすく伝えてくれます。
  とにかく凛としていてカッコイイ。
  大物へのインタビューでも鋭い切り口で突っ込んで、
  話にムダがありません。
  憧れです。
  「クローズアップ現代」大好きです。

  とにかく最近はやたら自分の意見を長々と話すキャスターが多すぎる。
  それも大した内容でもなく。
  NHKでも、民放は論外。
  ニュース番組なのか、ワイドショーなのか分かりません。
  そして、気付いたらNHKのBSばかり見るようになりました。
  NHKには視聴率をあまり気にせずに、本当の意味でいい番組を作ってもらいたいです。

  映画の話に戻って・・・
  働きながら夜学に通う主人公タリー(ミシェル・ファィファー)の夢は
  ニュース番組のアンカーウーマンになること。
  マイアミの小さなローカル局に入社した彼女は、
  かつて全国ネットのメイン局で人気・実力ともにトップのアンカーマンだった
  ウォーレン(ロバート・レッドフォード)と出会う。
  ウォーレンはひたむきなタリーの姿に心を動かされ、
  彼女にアドバイスするようになる・・・・。
b0136748_11193041.jpg


  スタジオで原稿を読むだけでなく、
  報道記者して豊富な経験をもとに自ら原稿を手掛け、
  政財界のトップなどへの辛口のインタビューやコメントで、
  世論や政局に多大な影響を与えるアンカー。
  かつて実力派トップ・アンカーであり、過去を持つウォーレンを 
  演じるR・レッドフォードが渋いです。
  
  セリーヌ・ディオンが歌う
  060.gif主題歌「BECAUSE YOU LOVED ME」も大好きです。
  曲はもちろんいいのですが、(ディヴィッド・フォスターですもの)
  歌詞が素晴らしい!
  こんな器の大きい男性、どこかにいませんか?  

  
[PR]
by ohnari-dc | 2009-02-06 11:41
映画「007 慰めの報酬 」
 2009年2月2日(月)

  とうとう観てきました映画「007 慰めの報酬」!

  ミント神戸の映画館のど真ん中で!
  残念なのは、隣に座ったおデブくん。
  最初から最後まで、食べ物を食べていました。
  鑑賞に集中せえ!
  私はもちろんエンディングクレジットの最後の「James Bond will return.」  
  までしっかり観ました。(みんなほとんど帰っちゃったけど・・・)
b0136748_19501132.jpg

  とにかくアクションシーンがスゴイです!
  ダニエルファンとしては、彼が心配で(頭では大丈夫と分かっているのですが・・・)、
  ずっ~と手に汗握りっぱなしでした。
  スタントは本人がやっているので、
  あれだけ激しいアクションをすれば、
  そりゃ怪我しますよ。
  ダニエルさんは高い所はあまり得意ではないのに、
  地上18mの屋根から屋根へと跳躍し、
  建物から走るバスの上へ飛び移ったり、
  ガラスの割れる量も尋常じゃないし、
  炎の中を激走するし、
  そりゃもうすごかったです。
  さすがダン・ブラッドリーアクション監督だけあります。
  そして、007シリーズ撮影期間最長記録というのもうなずけます。

  カーアクションもすごくて、
  2車線でのカーアクションは難しいはずですが、ド迫力です。
  憧れのアストン・マーティンが14台も廃車になっているとか。

  ボートのアクションシーンも、
  ダニエルさんとオルガさんはスタントをやりながら動くボートの上で演技しています。
  
  でもとにかくCGじゃなくて、
  また現地で実際に撮影しているから、
  リアリティがあって、迫力満点なのです。

  屋根や地下水道は、イタリアのシエナの実物。
  シエナ市長の許可のもと、
  撮影のために200tの巨大クレーン4台を街中に配置。
  配置するのに、地質調査をして、クレーンの脚の設置場所を決め、
  地下10m掘ってコンクリで設置しているとか。

  飛行機のシーンも素晴らしいです。
  アエロスター(プロペラ機)に空中カメラ2台、ヘリにはスペースカム、
  スピード感と地上スレスレに飛んでいるのを見せるために、
  地上からは非常に長い1600ミリのレンズ(超望遠レンズ)で撮影。

  オーストリア、ブレゲンツのオペラハウスも綺麗でした。
  プッチーニのトスカなんて、チョイス最高です。
  タキシード姿のダニエルさんには、カッコ良すぎて毎回やられてしまいます。

  ボンドガールとほとんどいちゃいちゃしている暇もなく、
  今回はとにかくアクション、アクション、アクションでした。

  でも、ヴェスパーを思って、マティーニ(ヴェスパーの方)を6杯も飲んじゃうシーンは
  マーク・フォスターらしいかな。

  ただ、ちょっと残念なのは、
  今回の悪役マチュー・アマルリック
  存在感がイマイチ。
  映画「潜水服は蝶の夢を見る」では確かに眼力演技で脚光を浴び、
  今回も眼力は顕在でしたが、
  あんまり怖くないんですよねぇ。
  ボンドの敵役は、ゾッとするようなワル中のワルであって欲しいですね。

  最後に、雑誌「GQ」
  007特集をやっているので、買ってしまいました。
  結論。やっぱりダニエル・クレイグのジェームズ・ボント゛、最高~053.gif
b0136748_19062.jpg

[PR]
by ohnari-dc | 2009-02-02 19:52



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧