<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
マティーニ~「007 慰めの報酬」公開記念Vol.2~
 2008年12月22日(月)

  いよいよX'mas001.gif
  キリスト教信者ではありませんが、
  中学・高校がプロテスタント系だったので、
  毎朝礼拝してたし、X'masは行事もいろいろあって、
  なんかX'masは特別です。
  みょーに暖かいのが気になりますが・・・。

  X'masと言えば、皆さんはシャンパンでしょうか。
  シャンパン・ワイン大好き!・・・というのは置いといて、
  「マティーニ(Martini)」のお話。
b0136748_1653512.jpg


  言わずと知れた、ジンベースのカクテルで、通称カクテルの王様。
  ドライジン 45ml に ドライベルモット 15ml が標準レシピ。
  ジンが多いので、「ドライ・マティーニ」と呼ばれることが多いのです。
  ドライジンとドライベルモットに氷を入れて、バースプーンでステアし、
  オリーブの実を添えるのが一般的。

  大好きな007のジェームズ・ボンドが愛飲するのは、「ウォッカ・マティーニ」
  『Vodka Martini. Shaken, not stirred.』
  (ウオッカマティーニ。ステアせずにシェイクで。)
  という決めゼリフがありますが、
  本来、ジンで作るのをウォッカで、その上シェイクしろという意表をついた注文。
  シェイクすると、口当たりがソフトで、洗練された味になるらしいです。
  ウォッカ 50ml に ドライベルモット 10mlレモンピール 1枚 がレシピ。
  ウォッカベースのために、ランチタイムに飲んでも匂いが残らず、
  飲み口が良く、軽やかなキックのために別名「カンガルー」とも言うそう。
  アメリカ人は好きですよねぇ。
  ドラマや映画でもしょっちゅう、ガンガン飲んでますよね。

  映画「カジノ・ロワイヤル」で、ボンドが飲んで気に入って、命名していたのは
  「ヴェスパー・マティーニ」
  (ヴェスパーはボンドガールの役名。)
  ジンとウォッカに、ベルモットの代わりにキナ・リレ
  (フランス南西部ボルドー産アペリティフワイン、現名:リレ・ブラン)を、
  オリーブの代わりにレモンの皮を入れるのが特徴。
  この映画の人気の影響で、リレ・ブランに注文が殺到して品薄となり、
  入手困難になっているという噂も・・・。

  しかし、外人はとにかくお酒、強いです!
  ランチで飲んで、また仕事なんて・・・あり得ません!(@_@;)
  アルコールを分解するアルデヒド脱水素酵素(ALDH)
  低活性だったり、不活性だったりするのは、モンゴロイド系だけとか。
  ALDH2が低活性型+不活性型の割合は
  日本人はダントツ44%。中国人 41%、韓国人 28%、
  インド人 5%、アメリカ先住民 2~4%、
  アメリカ・ヨーロッパ・中東・アフリカに至っては、な・な・なんと 0%!
  日本人がお酒に弱いわけです。
  ま、経済的と言えば、経済的ですが・・・。 

  明日は祝日。
  ベロベロになっても大丈夫。
  ちょっとトライしてみますか、マティーニ。 
  

  
[PR]
by ohnari-dc | 2008-12-22 17:23
イアン・フレミング~「007 慰めの報酬」公開記念Vol.1~
 2008年12月18日(木)

  12月だというのに毎日暖かいですね。
  寒いの大好きの私としては、もうちょっと寒くなってほしいです。
  リストラの嵐で世界中が「寒~い」ですが・・・。
  この冬の北極の氷の量は過去最低らしく、
  完全になくなってしまう日が刻々と近づいているような・・・。
  映画「北極のナヌー」などを見ていると、白くまさんたちが可哀想で。
  でもその原因は私たち人間なんですよね。
  頭では分かっているけれど、進んだ文明に一度どっぷり浸かると、
  今更江戸時代とかの生活に戻れないし・・・。
  買い物の時は必ずエコバッグを持っていくことぐらいしかできない私です。002.gif
  
  来年1月24日に、映画「007 慰めの報酬」がやっと日本で公開されます。
  遅~い!
  そこで、原作者イアン・フレミングのお話。
b0136748_16342510.jpg


  実はジェームズ・ボンド≒イアン・フレミングなのです。
  生い立ちからして、当時のイギリスでも超がつくほどのハイクラス。
  イアン・フレミングは、1908年、英国国会議員の家庭に生まれ、陸軍士官学校に入学。
  スキャンダルで中退、銀行員をへてロイター通信の支局長としてモスクワに赴任。
  ここで落ちこぼれから変貌。
  ロシアでの取材活動が認められ、英海軍情報部に入り、007も所属するMI6に勤務。
  なんと第二次世界大戦中には、実際にスパイ活動していたとか。
  美女を小脇にボンドそこのけで活躍していたよう。
  終戦後は、ジャマイカの別荘で、
  後の作品のタイトルともなる「ゴールデンアイ」に居住し、
  007シリーズを執筆。
  1953年、第一弾「カジノ・ロワイヤル」を発表。

  ジェームズ・ボンドのセンスや教養のすべては
  フレミンク゛自身の経験から来ているようです。

  1990年にはフレミングの自伝映画「スパイ・メーカー」(英)の主役を
  1代目ジェームズ・ボンドのショーン・コネリーの息子ジェイソン・コネリーが演じています。

  噂によると、レオナルド・ディカプリオの事務所が
  イアン・フレミングの自伝映画を製作する準備を進めているそうです。
  もちろんフレミングはディカプリオが演じるようです。
  彼だとちょっと可愛らしい感じになっちゃいますけど・・・。
b0136748_16405043.jpg

  もうちょっと痩せた方がいいかな。
  ドイツ&イタリア系なので、ちょっと英国紳士っぽくないですが・・・。
  でも演技は素晴らしいので、そろそろアカデミー賞を獲らせてあげたいですね。
  もう何度涙を飲んでいることやら・・・。
  頑張れレオ様!


  
[PR]
by ohnari-dc | 2008-12-18 16:50
後ろ足、ヘンなのぉ。
 2008年12月15日(月)

  12月らしい寒さになってきました。
  今日でやっとルミナリエが終わります。
  患者の皆様には期間中、多大なご迷惑をおかけして申し訳ございません。
  また来年もルミナリエが続行されるようであれば、
  期間中の夕方はご注意ください。

  今日はネコのお話・・・
  私は4匹のネコを飼っておりますが、
  実家には3匹のネコがおります。
  2匹のスコティッシュ・フォールド(耳が折れているネコ)と
  1匹のエキゾチック・ショート・キャット(顔がチンクシャしてます)。

  スコティッシュの1匹のヘンな体勢をお見せします。
b0136748_11235693.jpg

  普通、後ろ足はこんな風に伸ばさないのですが・・・。
  寝る時もこんな具合で・・・
  前足も後ろ足も白いので、通称「靴下猫」「ソックス」とか一般的に言うそうです。
  有名なのは、クリントン大統領が飼っていた「ソックスちゃん」だとか。
  後から来たイヌと折り合いが悪く、秘書にあげたとか・・・。
  愛猫家としては悲しいですね。
b0136748_11251725.jpg

  ちなみにこの子は桃子という女の子なんですが、ちょっと恥ずかしいですね。
  まぁ、うちの女の子たちもあられもない姿で寝てますが・・・。
  でも、無防備なネコの寝姿・寝顔はとても癒されます。
  「いつも癒してくれてありがとうね。」
[PR]
by ohnari-dc | 2008-12-15 11:52
Winter Wedding
2008年12月8日(月)

  今年2回目のスタッフの結婚式に出席してきました。
  前回は7月の真夏のWedding。
  今回はWinter Weddingであります。

  とにかく可愛いかったです。
  涙もろい彼女なので、何度も涙があふれそうになり、
  一生懸命こらえている姿がまた愛くるしかったです。
b0136748_15341522.jpg

  新郎もとても優しそうで、スピーチを聞いていても皆さんから「優しい人」と言われていて
  笑顔がとても素敵なカップルでした。
b0136748_15361955.jpg

  どうぞ末永くお幸せに053.gif
  そして、また仕事に戻ってくるの待ってま~す。
[PR]
by ohnari-dc | 2008-12-08 15:56
3大テノール~ホセ・カレーラス~
 2008年12月1日(月)

  とうとう12月。今年もあと残り少なくなってきました。
  いろいろ厳しい世界情勢ですが、とりあえず今年を乗り越えましょう。

  3大テノールのひとり、
  ホセ・カレーラスのステージ・デビュー50周年記念コンサート行ってきました。
  生声やっと聴けました。
  というのも約15年前、3大テノールブームの時、
  日本公演のチケットをゲットしたものの、公演が中止。
  パバロッティも亡くなってしまったし・・・。
  彼ももう62歳。日本、それも大阪で聴けるのは最後では?
  と思い、行ってきました。
b0136748_17253167.jpg

  
  もともとオペラは興味が無く、テノール歌手もよく知りませんでした。
  開業前に勉強に行っていた故保母須弥也先生がオペラがお好きで、
  朝講義を受ける前にいつもオペラのDVDが流れていました。
  それをなんとなく観ているうちに、少し興味が出てきて、聴くようになったのです。
  先生のお宅に遊びに行った時も、先生と奥様の歌を聞かせていただいて、
  ますます興味が湧いてきたのでした。

  ちょうど3大テノールのブームも来ていたので、
  3大テノール中心にCDを聴いたり、DVDを観たりしておりました。
  その中で特にカレーラスの声が繊細な感じで、私は好きになりました。

  1990年FIFAワールドカップイタリア大会では、3大テノールとして開会式で歌い、
  1992年バルセロナオリンピックでは音楽監督を務め、
  閉会式ではサラ・ブライトマンとデュエットした
  と言えば皆さんご存じのことと思います。

  今回誘った友人は、全く知らないようで
  「えっ?カレーライス?」、などと、とぼけたことを言ってましたが、
  実際聴いてみると、すごく感動した様子。
  さすがにやっぱり年齢を感じましたが、
  素晴らしかったです。
  特に第2部の最後の曲『グラナダ ララ』は私の大好きな曲。嬉しかった~。
  「トスカ」や「トゥーランドット」「」マノン・レスコー」など歌って欲しい曲は
  いろいろあったのですが・・・。
  でもカーテンコールも4回!(@_@;)
  指揮者のデイヴィット・ヒメネス(カレーラスの甥っ子です)も
  「えっまだやるのぉー!?」的なジェスチャーをしておりました。

  CD『ベスト・オブ・ベスト(1999)』はお薦め。彼の絶頂期の声が聴けます。
  もうすぐクリスマス。
  DVD『クリスマス・コンサート(2005)』は、1999年サン・アンブロジオ教会での
  クリスマス・コンサートの収録で、素敵です。

  年末には、NHKで「プッチーニ」の特集も予定されていて、楽しみです。
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2008-12-01 17:42



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧