カテゴリ:未分類( 253 )
映画 「スペクター」
 2015年11月30日(月)

  ひさびさのブログ、そして、ひさびさのダニエル!
  さっそく観に行ってきました061.gif映画『スペクター』の先行上映会!
b0136748_17365768.jpg


  2015年10月26日に封切られた英国では、
  オープニンク゛7日間の興行収入が6380万ドルと、
  これまでに英国で公開された映画史上最高のオープニング成績を樹立。
  
  全米でも11月6日に公開され、初週の3日間の興収が7300万ドルを記録し、No1に!
  
  しかし、しかしですね、この作品が“最後のグレイグ版”と噂されたり、
  次のジェームズ・ボンド役の俳優の名前が取り沙汰されたり、
  だんだんと撮影中の怪我が増えてきて心配しながら、
  観てきました。

  結果、いやー、これは4部作の完結編ですやん、完全にと。

  エンドロールの最後の「James Bond Will Return」も確認しましたが、
  有りました。
  (でも、ダニエルじゃなくてもいいわけだし・・・)

  やっぱりこれが最後になるのでしょうか?
  ソニー・ピクチャーズの007の権利も今回で切れるし、
  権利がらみで今まで出せなかった「スペクター」の謎も解き明かされたし・・・
  多分、いやきっとこれが最後のダニエル・ボンド!007.gif

  ま、引退説は置いといて、
  オープニングのメキシコ版ハロウィン「死者の日」のパレードに始まって、
  空飛ぶヘリコプターで取っ組み合ったり、
  アストンマーティンVSジャガーのカーチェイスやら、
  砂漠で大爆発、
  挙句にMI6本部も大爆発などなど・・・
  とにかく手抜きなしでゴージャスに(大金かかってます)仕上がってます。

  でも、『カジノロワイヤル』から10年。
  やっぱりダニエル歳取ったなぁ・・・。(いやいや私の方こそですが・・・)
  若造新人スパイがベテラン感ハンパなくなりました。
  私は、危なっかしくて、敵と通じていたヴェスパーを本気で愛してしまう
  1作目のボンドが1番好きなんですけどね。(スパイとしては未熟者ですが)

  今週の日曜日には、前作『スカイフォール』が地上波初登場します。
  是非ご覧ください!(吹き替えですけど・・・)
[PR]
by ohnari-dc | 2015-11-30 14:02
オペラ 「椿姫」
 2015年7月21日(火)

  連休は大変暑かったですが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。

  私は、兵庫県立芸術文化センター開館10周年記念公演の
  ヴェルディのオペラ『椿姫』を観に行ってきました。
  「良かったぁ~!」
  です。
b0136748_104804.jpg

  芸術監督の佐渡裕さんプロデュース・指揮、
  ヴィオレッタ役 森麻季さん、アルフレード役 ルチアーノ・ガンチさん、
  ジェルモン役 マーク・S・ドスさん。

  14日~26日に計10回の公演のチケットがほぼ完売だったようで、
  観客動員数約2万人って、国内のオペラ公演としては結構スゴイような気がします。

  佐渡さんの指揮って、ガンガン力任せに行くイメージがありましたが、
  結構丁寧な感じで、ちょっと重いくらいでした。

  ヴィオレッタ役の森麻季さんは、第1幕がちょっと頼りなげでしたが、
  だんだん調子が上がって行って、
  第3幕はとても清澄で、美しく、素晴らしかったです。
  最期の曲では、うるうるしてしまいました。

  ヴィオレッタ役は3幕を通してかかる比重が圧倒的に高く、
  また、3幕全てに違う声が必要と言われ、
  肉体的にも精神的にも強さが要求される難易度の高い役どころ。
  あんなに小柄で華奢な森さんは大変だろうなと、
  つくづく感心しました。

  そして、見事だったのが父親ジェルモン役のマーク・S・ドスさん。
  力強く、豊かで素晴らしいバリトンでした。

  また、映像による演出が良かったです。
  背景の巨大スクリーンに、様々な映像が、
  ある時は一体に、ある時は分割されて、それぞれの心象内容が投映されて、
  素晴らしかったです。

  
  日本人が最も好きなオペラがこの『椿姫』だそう。
  たくさんの感動で心が満たされました。有難う。
  つづく・・・
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2015-07-21 19:38
小菅優・幣隆太朗 デュオリサイタル
 2015年7月9日(木)

  患者さんのご子息のコンサートに行ってまいりました。
  2011年8月の兵庫県立芸術センターでのコンサート以来。
  年月の流れるのは早いものです。
b0136748_1444963.jpg


b0136748_14121976.jpg


  
  私は弦楽器では、チェロが一番好きです。
  中でも、エルガーのチェロ協奏曲が大好きです。
  でも、コントラバスは、チェロほどの華やかさはないけれど、
  巧みに演奏したらあのような音が出るのだなぁと、
  前回同様驚きました。

  オーケストラの中でも、低音で音楽を支える、控えめだけど
  重要な楽器であるコントラバスの存在感と存在意義を、再認識しました。

  また、ピアノも素晴らしく、お二人の息もピッタリでした。
  やっぱり生はいいですね。

  幣隆太朗さんの今後のご活躍を、心からお祈りいたします。

  
[PR]
by ohnari-dc | 2015-07-09 14:13
ファンタジー・オン・アイス in KOBE 2015
2015年7月7日(火)

  今日は七夕。
  やっぱり雨。
  七夕に晴れた年なんてあったかなぁ・・・。
  永遠に織姫と彦星は会えないような・・・。

  ところで、生まれて初めてフィギュアスケートを生で観てきました。
  『ファンタジー・オン・アイス in KOBE 2015』
b0136748_10154166.jpg


  ずっーとオリンピックなどで素晴らしい演技をしていた大好きなゴールドメダリスト、
  『ロシアの皇帝』 プルシェンコ様見たさに、行ってきました。
  席もど真ん中で、それはそれは素晴らしかったです。

  【出演予定スケーター】
  ■国内スケーター
    羽生結弦(2014ソチオリンピック 金メダル)
    織田信成(2013グランプリファイナル 銅メダル)
    安藤美姫(2011世界選手権 金メダル)
    鈴木明子(2012世界選手権 銅メダル)
    宇野昌磨(2015世界ジュニア選手権 金メダル)
    青木祐奈 (2014全日本ノービス選手権A 優勝)

  ■海外スケーター
   《 男子シングル 》
    エフゲニー・プルシェンコ(ロシア/2006トリノオリンピック 金メダル)
    ハビエル・フェルナンデス(スペイン/2015世界選手権 金メダル)
    ステファン・ランビエル(スイス/2010バンクーバー五輪 4位)
    ジョニー・ウィア(アメリカ/2006トリノオリンピック 5位)
    ブライアン・ジュベール(フランス/2007世界選手権 金メダル)
    トマシュ・ベルネル(チェコ/2009世界選手権 4位)
    ジェフリー・バトル(カナダ/2008世界選手権 金メダル)
    フィリップ・キャンデロロ(フランス/1998長野オリンピック 銅メダル)

   《 ペア 》
    ミーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード(カナダ/2015世界選手権 金メダル)

   《 アクロバット 》
    セルゲイ・ヤキメンコ(バックフリップ)
    イリナ・ウセンコ(フラフープ)
    アレクサンダー・チェスナ&エカテリーナ・チェスナ(エアリアル)

   【アーティスト】

    ■スペシャルゲストアーティスト:岡本知高
    ■ゲストアーティスト:福間洸太朗
    ■Fantasy on Ice アーティスト:サラ・オレイン

b0136748_112499.jpg


   生歌、生演奏、生フィギュア、最高!!
   スケートシューズのブレードが氷の上を滑走する音まで聞けて、
   本当に感動です!
   今年のショーの千秋楽だったようで、
   一緒に行った母はしきりに
   「良かったぁ~長生きして。長生きってするもんやねぇ・・・。」と連呼しておりました。

   7月11日(土) 13:00~ BS朝日でこの神戸のショーが放送されるそうです。
   ご興味のある方はぜひご覧ください!
[PR]
by ohnari-dc | 2015-07-07 14:07
英国バーミンガム・ロイヤル・バリエ団 「シンデレラ」
 2015年6月9日(火)

  真夏並みに暑くなったり、春のように寒が戻ったりと
  本当に天候不順です。
  日本全国の火山は活発化するし、
  地震も度々・・・。
  なんだか昔の映画『日本沈没』を思い出します。

  ところで、ブログを書こう書こうと思いながら、
  今日になってしまいました。
  先月、観に行ったバレエのお話です。

  正直、バレエにはあまり興味が無かったのですが、
  ストーリーが分かりやすいし、
  舞台セットや衣装が素敵だったので
  思い切って行ってまいりました。
  英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の『シンデレラ』
b0136748_14151285.jpg


  バレエなんぞこれっぼっちも分からない私ですが、
  いやいや飽きることもなく、素晴らしくて、感動しました。

  そして、この日のシンデレラ役が
  日本人「平田桃子さん」という方。
  日本人が世界のさまざまな人種の中で
  世界的に活躍していることを思うと、
  どんなに大変なんだろうとなんだか涙が出てきました。

  錦織圭選手といい、
  渡辺謙さんといい、
  以前では考えられなかった分野で日本人が頑張っています。
  最近、歳のせいか、そんなことを思うとすぐ涙が出てくるんですよね・・・。

  ストーリーは言わずと知れたディズニーでおなじみの『シンデレラ』。
  ディズニーと違うのは、意地悪な継母・義妹にいじめられる弱々しいヒロインではなく、
  弱い者に手を差し伸べ、辛さを想像力で慰める強い心を持つ女性。
  そして、ガラスの靴も魔法ではなく、母の形見。
  裸足で震える老婆(実は仙女)にその靴を送り、舞踏会へと導かれる。

  ドリュー・バリモア主演の映画『エバー・アフター』(1998)を思い出します。
  この作品も清楚でおとないしいイメージを変え、
  元気で強気な、でもチャーミンク゛なシンデレラで大ヒットしました。
b0136748_1434889.jpg


  ところで、会場にはちらほら小学生の女の子たちがいました。
  きっと将来はプリマドンナを目指して、バレエしてるんでしょうね。
  劇中に出てくるネズミのお小姓たちも可愛かったです。
  (東京バレエ学校の方です。)
b0136748_10422316.jpg


  次は、大好きなチャコフスキーの『白鳥の湖』なんか観に行きたいですね。
  

  
    
[PR]
by ohnari-dc | 2015-06-09 14:08
憧れの賀来千賀子さん 舞台「細雪」
 2015年4月20日(月)

  暖かくなったり、寒くなったり、雨が多くて、
  天候不順の日が続きますね。
  桜の季節もあっという間に終わってしまいました。

  『桜』と言えば、谷崎潤一郎の『細雪』。
  市川昆監督の映画『細雪』(1983)も素晴らしい作品です。
  先日、久しぶりに観ましたが、
  四季折々の風景の美しさといい(もちろん特に「桜」!)、
  豪華絢爛の着物の数々といい、
  市川昆監督のまさに映像の美学!
  こういう日本映画ってホントに無くなってしまいました。
  それに女優陣の美しいこと!
  こういう大女優さんたちもいなくなってしまったような・・・。
  最近の俳優さんたちはバラエティに出すぎて、
  「スター感」ゼロです。
b0136748_1682987.jpg

  
  いよいよここからが本題です。
  中学生の頃より今もずっーと憧れ053.gif
  賀来千賀子さんの舞台『細雪』が
  谷崎潤一郎没後50年で
  大阪新歌舞伎座で公演するということで、観に行ってきました。
b0136748_11583413.jpg

  ミュージカルはたまに行きますが、
  演劇の舞台は20年ぶりぐらいでしょうか。
  唐沢寿明さんと宮沢りえさんの作品が最後だったような・・・。

  登場する成り、そのあまりにも並はずれたスタイルの良さに、
  感動しました。
  まさに「八頭身」とはこのこと。
  四女役の大和悠河さんも同じく「八頭身」。
  この時代設定としては、2人とも背が高すぎますが、
  観る分としてはやはり美しいに越したことはなく・・・、
  舞台映えします。

  しかし、高橋恵子さんも水野真紀さんも
  それはそれは美しく、
  素晴らしい舞台でした。

  小泉今日子のいじめ役でTVデビューした賀来さんを観た時は
  正直どうなることかと心配しましたが、
  もう女優としてもベテラン。
  ずっと応援してきたファンとしては、感無量でした。

  そして、高橋恵子さん。
  本当に美しく年を重ねていらっしゃる!
  若い時よりも、演技も素晴らしく、今の方が美しく感じます。

  
  会場は着物を着ている方もたくさん見受けました。

  
  演技も、舞台装置も、着物もすべて素晴らしく、
  楽しい1日となりました。
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2015-04-20 14:11
イチゴ狩り
 2015年3月30日(月)

  いよいよ3月もあと2日。
  桜もぼちぼち咲いてきて、春の到来を感じます。
  そんな中、スタッフとイチゴ狩りに行ってきました。
  イチゴ狩りなんて幼稚園以来!
b0136748_14105873.jpg

b0136748_14111776.jpg

b0136748_14113387.jpg

 
  普段あまりフルーツを食べない私ですが、
  甘くてジューシーで美味しくて、
  食べました、食べました、20個も!
  15個あたりでお腹はパンパンでしたが、
  なんとかラストスパートであと5個頑張りました。
  スタッフたちは40個越えもちらほらいて、
  「若さ」と「スイーツ好き」に感心しました。
b0136748_141568.jpg


  この写真のイチゴは幅が5cmぐらいありました。
  欲深いもので、初めは大きいイチゴばかり食べていましたが、
  大きい=甘い、美味しいという訳ではないようで、
  後半は様々なタイプを食べましたが、
  結局何が当たりかは分からずじまい。

  でも、昔行ったイチゴ狩りと違って、
  「高設栽培」のため、かがむ必要もなく、
  楽な体勢でイチゴ狩りが楽しめました。
  女性ばかりではしゃぎすぎたせいか、
  帰宅すると少々ぐったりでしたが・・・。(これも歳のせいか)

  しかし、イチゴ狩りに行こうとみんなで決めたものの、
  人気のあるイチゴ農園はすでに満園で、
  一時は予約が取れるのか!?と心配しました。
  皆様もお早い予約をお勧めします。
   
[PR]
by ohnari-dc | 2015-03-30 14:08
フランスの至宝 カトリーヌ・ドヌーブ
 2015年3月24日(火)

 
  春になったかと思えば、冬に逆戻り。
  まぁ、あまり暑い日が続くよりは桜が長持ちしそうですが・・・。

  
  
  ところで、最近は、本当にいい映画に巡り合うことが少なくて、
  結局昔の作品をまた観てしまいます(何回観てるんや!と思いつつ・・・)。

  映画を観始めて、観るのをやめたり、
  早送りで観るも、「ホントつまらんなぁ・・・。」と思うこともしばしばです。

  先日、大好きな女優さんのひとり、
  「フランスの至宝」とも呼ばれるカトリーヌ・ドヌーブの日本未公開の作品
  061.gif『ミス・ブルターニュの恋』(2013 仏)を観ました。
  フランス映画は、いいか、だめか、いつもはっきり分かれてしまうのですが、
  いやいやなかなか良かったです。
b0136748_1235988.jpg

  
  しかし、まぁフランス人はいくつになっても恋愛し続けるんですねぇ・・・。
  これを日本人に置き換えると、
  生々しすぎて、観てられませんが・・・。

  久しぶりのドヌーブは、やはり年をとって、少々太ってて、
  歳月の流れを感じずにはいられなかったですが、
  この時、御年69歳にしてこの美貌!
  やはりもともと美しい方はいくつになっても美しい!

  ドヌーブと言えば、
  私はやっぱり061.gif『昼顔』(1967 仏・伊)。
  去年、TVドラマが流行っていたようですが、
  私は数回観て、やめてしまいました。
  「不倫」が苦手なもので・・・。
  このドラマはこの映画『昼顔』をオマージュした作品とのことですが、
  あまりにかけ離れすぎていて・・・。 
 

  
  
  映画の原作は1929年に発表された
  フランスの小説家ジョゼフ・ケッセルの同名「昼顔」。
  1967年第28回ヴェネツィア国際映画祭では最高賞の金獅子賞を受賞。
  061.gif『シェルブールの雨傘』(1964)で
  世界的スターとなったドヌーブ。
b0136748_14285655.jpg

  衣装が可愛くて、もちろん本人もめちゃめちゃ可愛いんですけど、
  私的にはこの『昼顔』の貞淑そうに見えてそうでないドヌーブが
  美しすぎてたまりません。
  この映画『昼顔』の衣装は、ジバンシィ。
  シックで清楚で素敵です。
b0136748_14293711.jpg
  
  当時24歳。いや~、とても24歳には見えません、色っぽすぎて・・・。
  でも、品があって素敵なんですよねぇ。
  それに、ドヌーブはいくつになっても女優業に徹して、
  いろんな役にチャレンジしてて、リスペクトです。
  このへんが、ブリジッド・バルドーとの違いかな。

  お色気ムンムンタイプの女優さんは苦手で、
  マリリン・モンローよりグレース・ケリーなもので・・・。
  そうそうニコール・キッドマン主演の
  061.gif『グレース・オブ・モナコ』観たいな。
  ニコール・キッドマンは美人だけど、ちょっぴり品が足りないような・・・。
  それに顔を美容整形でいじりすぎて、最近怖いです。

  おまけ
  061.gif『シェルブールの雨傘』はガーリー可愛さがハンパないです!
b0136748_1447437.jpg

b0136748_14471881.jpg

[PR]
by ohnari-dc | 2015-03-24 14:11
第87回アカデミー賞
 2015年2月25日(水)

  今年もやってきましたアカデミー賞。
  映画ファンとしては、毎年楽しみなイベントです。

  オープニンク゛の司会ニール・パトリック・ハリスの
  060.gif「Moving Picture」は良かったものの、
  司会は淡々と進行した感じで、
  「政治色」が強く、
  正直いまひとつといった感じでした。

  私だけかなと思いましたが、
  昨年に比べ視聴率も大幅ダウンとのこと。
b0136748_14574413.jpg

  司会のニールが開口一番、
  「ようこそ、映画界を代表する白人たち(whitest)・・・
  ごめん、違った、名士たち(brightest)」と皮肉たっぷりの挨拶。
  演技賞候補20人が全員白人の今年のノミネーションは
  いかがなものでしょうか。

  作品賞候補『セルマ』のマーティン・ルーサーキング役のデヴィッド・オイェロウォは
  歌曲賞を受賞した『セルマ』の主題歌060.gif「Glory」のパフォーマンスで
  涙を流していました。
  『セルマ』は主演のデヴィッド・オイェロウォも、監督もノミネートなし。
  歌曲賞受賞は、アカデミー側が「白人至上主義」に配慮したのかも。

  司会のニールがデヴィッド・オイェロウォを紹介すると、会場から拍手。
  ニールは「今さら拍手しても遅いよ。」とチクリ。

  ノミネート8作品の興業成績の合計6億ドルのうちの半分の3億ドルを突破した
  『アメリカン・スナイパー』も内容が内容だけに、避けられた感あり。

  「黒人差別」「女性差別」「移民問題」「テロ」「ALS」「アルツハイマー」・・・
  目を背けてはいけないけれど、
  なんだか暗~いアカデミー賞でした。
  大物スターも全然いなかったし・・・。

  そんな中、私も大好きな映画『サウンド・オブ・ミュージック』の50周年記念ということで
  レディ・ガガがメドレーを熱唱。
  ガガの普段の音楽には全く興味ありませんが、
  トニー・ベネットとデュエットしたのを聴いた時と同様、
  この人普通の路線で行った方がずっといいのにと思ってしまいます。
b0136748_1736674.jpg


  歌い終わったあとは、ものまねでご本人登場のように
  ジュリー・アンドリュースが登場。
  相変わらず品があって素敵です。
b0136748_17385896.jpg


  なんだかイマイチな今年のアカデミー賞でしたが、
  大物スターが少ないせいか女優陣のドレスも
  楽しみ半減?
  でも、大好きなグゥイネス・パルトローは相変わらず美しい!
b0136748_17542984.jpg
  

  主演女優賞をやっと獲得したジュリアン・ムーアも素敵。
b0136748_17551970.jpg


  キーラ・ナイトレイも素敵。ただいま妊娠中。
b0136748_1759338.jpg


  この衣装、素敵。
b0136748_17593899.jpg


  この人、スタイル抜群。
b0136748_180941.jpg


  ニコール・キッドマンは昨年のアンジェリーナ・ジョリーのパクリ?
  右脚ならぬ左脚。
b0136748_1811755.jpg

  
  今年は11月に映画『007 スペクター』がいよいよ公開予定!!
  来年のアカデミー賞にダニエル・クレイグが登場しますように!
b0136748_1843578.png
 
  
[PR]
by ohnari-dc | 2015-02-25 14:12
カレンダー 「きみを と 修三」
 2015年2月6日(金)

  立春とは名ばかりで、連日寒い日が続きます。
  風邪を引いている方も多いようで・・・。
  診療所でもガンガン加湿器をフル稼働させています。

  ところで、皆さんは毎年どんなカレンダーを使いますか?
  診療所に来られている方々はお気付きでしょうが、
  猫マニアの私はもちろん猫のカレンダーを毎年愛用しています。
  そんな中、今年は2つの熱いカレンダーを毎日眺め、
  そしてその言葉を心に深く刻んでいます。

  その名も『きみをだもの』と『まいにち、修三!』
  まず、『きみをだもの』は、
  昨年受講した講習会JUADSでいただいたもの。
  講師の中村公雄先生の言葉に感銘を受けた受講生が作製し、
  その後評判を呼び、
  コース終了時に配るというコースの準公式グッズになっているようです。
  いやぁ~、これがなかなか心に突き刺さる言葉ばかりでして・・・。
b0136748_1226406.jpg


  コースはなかなか大変でしたが、
  分かっていたつもりで分かっていなかったことを痛感させられたり、
  長年疑問に思っていたことが、目からうろこで解決できたりと、
  それはそれは素晴らしいコースでした。
  毎日このカレンダーを見ながら、
  診療に励んでいます。
  12月のみ、私たち受講生の気持ちが書いてあります。
b0136748_12322465.jpg

  そうそうその通り・・・。

  そして、『まいにち、修三!』
  話題になっているというので、何気に購入。
  しかし、これがいいこと言ってます!
b0136748_12365483.png


  私は特に『考えろ!考えるな!』です。
  TVでこれを聞いた時は、「どういうこと?」と思いましたが、
  解説(?)を読んで、「なるほど。その通り。」と思いました。
  「不安や迷いが尽きなくて、クヨクヨ悩んでいるのか?
   僕は、自分で変えられることは考える。自分で変えられないことは、一切考えない。
   (つづく・・・)」

  いつもただ明るいだけの人かと思っていましたが、
  修三のファンになりました。
  さすが錦織圭くんの師匠!
  しかし、錦織圭くん、全豪オープンは残念でした・・・。
  次に期待してます!
[PR]
by ohnari-dc | 2015-02-06 14:14



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧