映画「そして父になる」と「もうひとりの息子」
 2014年7月30日(水)

  久しぶりのブログです。
  マロンが亡くなったショック、
  子猫の桜のお世話、
  講習会、
  暑さでぐったり・・・などなどで
  あっという間に月日が流れてしまいました。

  世の中は相変わらず
  とんでもない、残酷な、理不尽な、などなど
  たくさんの事件・事故にあふれて、
  ニュースを見ると腹が立ったり、悲しかったりで・・・。
  わんぱくすぎて困るものの、
  3匹の猫たちは私を癒してくれます。
  ありがとね。
b0136748_12331067.jpg

                    「桜はこんなに育ちました」
b0136748_12332828.jpg

                    「凛々しくなったレオくん」
b0136748_1242178.jpg

                 「いくつになってもおもちゃの好きな幸太」

  ところで本題へ。
  カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した映画『そして父になる』、
  ご覧になりましたか?
b0136748_15192892.jpg
 
  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を築き、
  順風満帆な人生を歩んできた主人公(福山雅治)。
  ある日、6年間育ててきた息子が
  病院内で他人の子供と取り違えられていたことが判明する。
  血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、
  それぞれの家族が苦悩し・・・・というストーリー。

  病院が赤ちゃんを取り違えた、というお馴染みの設定です。

  主眼は取り違え事件ではなく、
  2人の子供と2つの家族が否応なく交流せざるを得なくなり、
  彼らを描くことで家族、親子、父親とは何かに迫っています。

  ただ、対比の道具として使われていたのがありがちな「貧富の差」。
  貧乏家族の方が金持ち家族より愛が溢れていて温かいという描き方は
  う~ん、という感じ。
  映画ではなぜかいつも貧乏が持ち上げられて、金持ちが下げられますが、
  実際は金持ちの福山雅治と貧乏のリリー・フランキーのどっちを選ぶかと言われたら
  絶対に福山雅治でしょう・・・。
  リアリティーなさすぎです。
  それに、貧乏の方の奥さんが真木よう子って、美人すぎるでしょう。
  尾野真千子と真木よう子は入れ替わった方がまだいいかも・・・。

  また、題名の通り、父親の心情を中心に描くとは言え、
  なんだか子供がないがしろにされすぎてて、
  心が痛みました。
  親より子供たちが一番キツいと思うのですが・・・。

  そして、この『そして父になる』を観たしばらく後に
  たまたま観たのが『もうひとりの息子』。
  個人的には、こちらに感動しました。
b0136748_15204176.jpg


  こちらは、東京国際映画祭の東京サクラグランプリと最優秀監督賞を
  受賞しているそうです。

  こちらの作品の舞台はイスラエル・パレスチナ。
  取り違えが分かったのがすでに子供が青年に育った18年後。
  しかも取り違えたのがユダヤ人夫婦とアラブ人夫婦の子供だった!

  現在も連日ニュースになっているイスラエルのガザ地区侵攻を考えても、
  人種・政治・宗教・歴史・・・あまりに問題が多すぎて、
  そのショックは日本人には計り知れないです。
  ちょっとの貧乏や金持ちの差なんて、比較になりません。

  憎しみ合うパレスチナ人とユダヤ人。
  自分が憎んできたユダヤ人とは、一体何だったのか。
  自らをユダヤ人と信じて生きてきたのに、ユダヤ教のラビから否定され、
  一瞬にして崩壊するアイデンティティー。

  愛する者と憎むべき者が一瞬で入れ替わっても、
  これまで注いだ子供への愛情が消えるはずもなく・・・。
  壁の向こうの相手でも、
  血の繋がった我が子と知って憎めるはずもない。
  これが人間の可笑しさと不条理。

  悲劇の題材ですが、
  二人の息子を観ているとなんだか安心します。
  ユダヤ人なのにパレスチナ人、
  パレスチナ人なのにユダヤ人。
  どちらにも思えず、周囲からも認められず・・・。
  でもアイデンティティーが崩壊したおかげで親しくなるふたり。
  「壁」なんて本来無いのだから・・・。

  ベルリンの壁は28年で崩壊しました。
  イスラエルの壁は建設から11年。
  いつ崩壊するのでしょうか。
  
  日本人に分かるか!って言われそうですが、
  ちょっと他者の立場になってみたら、
  他者の思いが分かる気がするのですが・・・。
  
  
  
[PR]
by ohnari-dc | 2014-07-30 19:26
<< お疲れ様!錦織圭くん! マロン 悪性リンパ腫で逝去 >>



大成歯科クリニック・ブログ
by ohnari-dc
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧